スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10周年と艦これと帰省の話

無人島椅子
うっす久しぶりですビッチです

今年の夏はコミケにも行かず実家でごろごろしてました


メイプルは10周年らしいですね・・・
ホットタイム違うものだろうなーとは薄々感づいてましたよ

しかも気持ち悪いモンスターが沸くようになるしで、街の外にも行きたくなくなりますね


もうこれは釣りしかないな?

と、いうことで10周年はリプレで釣りをすることにしました

もう本家とか国自体がやばいんだからほっとけよ!こっちで搾り取ろうとしないでください!(暴言)





それはそうと更新が結構遅くなってしまいました

今流行の『艦隊これくしょん』をやってたんだ・・・イベントだったんだ


E3を潜水艦でドロップを狙っている内に削れ切れてしまいE3クリア
いいドロップがなかったんでE4でドロップ集めをしている内に「これいけるんじゃね?」
って感じでクリアできてしまいました

母港
大和
19レベで未強化でこのステータスとはたまげたなぁ・・・


朝霧の巫女
『朝霧の巫女』好きとしては手に入れておきたかったんです;;

土日丸々消費してしまいましたよフフフ


軍艦に関しては『ジパング』を読んだことがあるくらいの知識です

おかげで島風のイメージが立石さんに固定されて萌えられない模様
立石

これからやりたい人はこれを見るといいぞ





最後に帰省した時の話ですけど

私の親は自分でできないゲームを買ってきて息子にやらせるんですよね
次に帰ったときには全クリしてやらないとな・・・
大神



突然だけど実家に帰ると実家にある漫画をまた読みたくなりませんか?
「火の鳥」「ぬ~べ~」「ブラックジャック」「ドラゴンボール」etc
たまに読むとすごく新鮮に読めて面白いですよね


つまりオススメしたい漫画があるんでパパッと書いて終わりますね

まほらば
『まほらば』 全12巻

ジャンルはラブコメ
長さもそんなに長くないしパパッと読めます

めぞん一刻みたいにだらだら続いて最後に告白とかそんなことしません(読んだことないけど)
ネタバレになりますが8巻でヒロインと付き合うので結構いちゃいちゃが楽しめますよ

アニメ化もしていてそっちのほうも非常にいいできなので気に入ったらそっちも見てくれよな!

簡単ですがこれで終わっときます


部長大好きです
部長
スポンサーサイト

メイプルとまったく関係ない小説紹介

                アレガ 。
                    / \     アレガデネブアルタイルベガ、君が指さす夏の大三角
                   /    \
                 /       \
           デネブ  。          。 ベガ
                \         / 
                  \       /
                   \      /
                     \   /
                      \ /
               アルタイル   °

七夕っていったらこれしか思い浮かばなかったビッチですこん


ぱんださんのところでちょろっと紹介されてたので
うっどちぇあ メイプル関係ない完全な雑記(筋トレ、漫画、小説)

インテリぶってちょろっとおすすめを紹介しとこうと思ったので
善は急げ!とばかりに書いてこうとおもいます


先ずはこれ


『古事記』
 日本文学はここから始まったと言っても過言じゃないはず
 712年、太安万侶(おおのやすまろ)が稗田阿礼(ひえだのあれ)の「詠み習」っていたものをもとに、
 完成したとされている。
 説明不要。日本の神話です。なにも言わずに読め!
 日本書紀もあるけどあっちとは結構違う、別の神話って言われるくらい違う。
 興味ある人は両方読もう。な?
 確実に図書館にあります。


『地獄変』 芥川龍之介
 地獄絵の完成に○○○○の犠牲も厭わなかった天才絵師の話
 芸術家って奴はみんな○チガイなんすね・・・
 青空文庫 地獄変

『河童』 芥川龍之介
 これってソイレントシスry・・・
 河童の社会に行った男の話
 中国の宦官を思い出すなぁ
 河童の社会は世知辛い
 青空文庫 河童

『蜜柑』 芥川龍之介
 汽車で乗り合わせた少女の話
 すごく切ないです(´;ω;`)ウッ…
 青空文庫 蜜柑


こういう昔の作品は元ネタの宝庫、読んでおけばいろんな作品が楽しめるでしょう
トロッコとか蜘蛛の糸とかあるけど紹介されるまでもなく知ってるだろうし割愛
羅生門とか杜子春もいいね
(といいつつ日本文学でそこそこ読んでるのって芥川しかないんだなぁ)
これも確実に図書館にあるっていうかネットで読める


こっから本題星新一ゾーン!
超短編の小説(ショート・ショート)を1001編も書いてるすごい人(崇敬)
SF作家っていうけど作品は「世にも奇妙な物語」みたいなのが多いイメージ
実際「おーい でてこーい」「殺し屋ですのよ」なんかは「世にも」でやったことがある
説明を書いてくとネタバレになるくらい短いんで感想だけ

『午後の恐竜』 収録・午後の恐竜/新潮文庫
 星新一といったら私はこれだと思う。何回読んでもいい話だぁ
 youtube 午後の恐竜

『幸運のベル』 収録・午後の恐竜/新潮文庫
 幸せってのは案外近くにあるものなんだなぁ

『契約時代』 収録・午後の恐竜/新潮文庫
 複雑化してる手続きの裏側を見たきがする

『ボッコちゃん』 収録・ボッコちゃん/新潮文庫
 有名すぎるかな?実に鮮やかな全滅。説明不要

『おーい でてこーい』 収録・ボッコちゃん/新潮文庫
 思えばこれを英語の授業でやったのがきっかけだったかもしれない

『殺し屋ですのよ』 収録・ボッコちゃん/新潮文庫
 有(ry

『月の光』 収録・ボッコちゃん/新潮文庫
 将来こうことしたいって言ってすごく引かれそう
 youtube 月の光

『暑さ』 収録・ボッコちゃん/新潮文庫
 警察にぶすぎぃ!

『生活維持省』 収録・ボッコちゃん/新潮文庫
 平和で豊かな生活には代償が必要なんだなぁ

『愛用の時計』 収録・ボッコちゃん/新潮文庫
 この時計どこで買えるンや!

『処刑』 収録・ようこそ地球さん/新潮文庫
 ショート・ショートとしては長め
 銀の玉かわいい

『殉教』 収録・ようこそ地球さん/新潮文庫
 死後の世界が補償されているとしたら・・・

『白い服の男』 収録・白い服の男/新潮文庫
 センソウをなくすってのはこういうこと

『ゆきとどいた生活』 収録・悪魔のいる天国、ボッコちゃん/新潮文庫
 ( ˘ω˘ )スヤァ
 youtube動画消えてた\(^o^)/

『古風な愛』 収録・妄想銀行/新潮文庫
 (´;ω;`)ブワッ

『鍵』 収録・妄想銀行/新潮文庫
 なかったら作ればいいのか

『初雪』 収録・宇宙のあいさつ/新潮文庫
 (´;ω;`)ブワッ

『ある夜の物語』 収録・未来いそっぷ/新潮文庫
 譲り合いは大事

『声の網』 これだけ長編
 これが書かれたのが1970年という・・・
 さすがSF作家やなぁ


こうやって挙げてくと風刺や皮肉が効いたものが好きってのがまるわかりじゃないか・・・
まだ1001編含め全部読んだわけじゃないのでこれだけなんですすいません・・・
今後増えるかも?
1編1編が短いので通勤時間中でも1つ2つ物語が読めてしまうのがいいですね
しかもかなり昔の小説なのに今でも違和感なく読めるSF、まじぱねぇ
読むものがなくなったらとりあえず星さんの持ってない小説を買っていってるのが現状です

現代の小説?村上春樹でも読んでればいいんじゃないですかねホジホジ(´σ_` ) ポイ( ´_ゝ`)σ ⌒゜

常ニ月将ヲ以ッテ占時ニ加エ日辰陰陽ヲ見ン

毎日箱集めに奔走してます

要塞第2訓練場
やっとカンナで要塞で狩れるようになったビッチですこん
今回のメイプル民俗学講座ですが
以前書いた陰陽道の根幹をなす思想『陰陽五行説』を解説していくぞー
五行の加護
Mapleではカンナの職業特性スキルで最初から持ってるこれに五行が使われていますね
Wordで事前に下書きしてるんですがあまりの文字数に心が折れそうです(´;ω;`)



いんようごぎょうせつ【陰陽五行説】
天文図拓本
これは言葉の通り陰陽説と五行説が合わさったもので、陰陽道の根幹をなす思想です。森羅万象の性質や関係を陰陽と五行とで解説しようとする理論です。
先ず合わさる前の陰陽説・五行説

陰陽・陰陽説
陰陽とは自然界の解明のための理論として構成されたものと考えられているが、抽象的で原理的な考え方であったため、相互する関係にあるものすべてが陰陽に代表されるようになったと考えられる。
それが流行した結果、季節、方位に関するものばかりでなく、易に関するものまでもその支配下として自然界の出来事と人間界の出来事をまとめて解説しようとする陰陽説に発展する。
陰陽説では、陰陽を森羅万象の状態を表す概念とし、能動的・攻撃的・昂進的なものを陽とし、受動的・防衛的・沈静的なものを陰とします。例えば、夏・昼・火などは陽冬・夜・水などは陰となります。
陰陽は単に二元論的に物の性質や現象を区別する概念として用いられるのではなく、状態がいずれかの方向に向かうかを示す概念としても用いられます。前進・右旋・上方への運動・右への運動を陽後退・左旋・下方への運動・左への運動を陰とします。
陰陽は物事の相対的な状態を表す概念であるので、万物の陰陽はそれが置かれている状況により反対に現れることもあります。陽を陰を含み、陰は陽を含むと言われています。例えば、ロウソクの炎は日中では非常に強い陽である太陽の下にあるので陰となるが、夜の闇の中では陽となります。


五行・五行説
五行とは当初は水・火・木・金・土の5つの物質についてその性質を表したものだったが、こちらも後に原理化され、自然界や人間界の出来事を一つに統合して組織化、説明しようとするようになる五行説に発展する。このように陰陽と五行は似通った性格を持っていたため、逐次接近し統合される様相を見せ始めます。『礼記』では季節も方位も五行的な要素も一つの体系の元に統合されており、『漢書』では陰陽・五行の両説が、日月・五星を中心として明らかに一体化されてきています。これがいっそう押し進められていき、陰陽五行説と呼ばれることになり、後の陰陽道の流れへと繋がっていきます。
五行説では水・火・木・金・土を万物を成りたたせる気の5つの様態としている。これは空間及び時間を表記する概念として用いられました。空間を表す場合、五行は、木=東、火=南、金=西、水=北と配当され、土が中央となります。時間を表す場合は、木=朝/春、火=昼/夏、金=夕/秋、水=夜/冬と配当され、土はいずれにも満遍なく含まれるものとしています。各季節の始まりの18日間を土とする考え方もあり、これを土用という。
また、水・火・木・金・土にはそれぞれテーマカラーと言うべき色があり、木=青火=赤金=白水=黒土=黄となっています。


陰陽と五行の統合
これが陰陽説と組み合わさると、陽=木(東・春)火(南・夏)陰=金(西・秋)水(北・冬)陰陽半々=土(中央・土用)となります。
また、同じ陽の中でも木よりも火の方が陽気が強いので、木は陽中の陰、火は陽中の陽となり、同様に金が陰中の陽、水が陰中の陰となります。
太陽の運行を例にとって説明すると以下のようになります。
太陽は朝、東の地平線上に現れます。これは太陽の誕生を意味し、太陽が昇ってくる東は生の方位・春の方位と考えられ生の気を持つとされ、対応する木も生気を司る五行として考えられます。
太陽はそのまま昇り南中します。これは太陽の活動が旺盛になったことを意味し、南中の方位である南は旺の方位・夏の方位と考えられ旺の気を持つとされ、対応する火も旺気を司る五行と見なされます。
その後、太陽は西へ傾き沈んでいきます。これは太陽の衰えを意味し、日の入りの方位である西は老の方位・秋の方位と考えられ老の気を持つとされ、対応する金も老気を司る五行とされます。
最後に太陽は沈んでしまい、世界は熱を失い闇に閉ざされます。これは太陽の死を意味し、大要が消える方位である北は死の方位・冬の方位と考えられ、対応する水は死気を司る五行とされます。
この五行の関係を表す説として、戦国時代の思想家・鄒衍(すうえん)による五行相剋説と、前漢の儒家・董仲舒(とうちゅうじょ)による五行相生説があります。
次は五行の関係を表した五行相剋説と五行相生説です


五行相剋説
五行相剋
五行相剋説は五行の関係を闘争の相のもとに考える理論で、木→土→水→火→金→木というように循環しています。
「木は土に勝ち(木剋土)、土は水に勝ち、水は火に勝ち、火は金に勝ち、金は木に勝つ」とする。木は土に根を張り縛り付けるので土に対して優勢、土は堤防となって水をせき止めるので水に対して優勢、水は火を消すので火に対して優勢、火は金を溶かすので金に対して優勢、金は斧となって木を倒すので木に対して優勢であるとして、こう考えられました。
一般的には上記のように説明されますが実際には
[火=夏/南=陽中の陽] 対 [水=冬/北=陰中の陰]
という対立軸と
[木=春/東=陽中の陰] 対 [金=秋/西=陰中の陽]
という対立軸を交差させ、その中に土を挿入することにより複雑な相関関係が生まれる仕組みとなっている。


五行相生説
五行相生
五行相生説は五行の関係に対立を見出さず、順次発生していくと考えた理論で、木→火→土→金→水→木というように循環しています。
「木は火を生み(木生火)、火は土を生み、土は金を生み、金は水を生み、水は木を生む」とする。木は燃えて火を生じ、火は灰となって土に帰り、土の中から金が採掘され、金は冷えることにより表面が結露、水を生じ、水は木を生長させるとして、こう考えられました。
相生説は春夏秋冬の四季の循環に土を加えたもので、特定の季節を司らない土を抜くと
春(陽中の陰)→夏(陽中の陽)→秋(陰中の陽)→冬(陰中の陰)
という陰陽の循環が見えてくる、これを表しているのが易で用いられる太極図である。
太極図
この五行相剋・相生説により五行と陰陽の変化・運動を説明する理論ができあがり、これに基づいて未来や吉凶の判定、今後とるべき方針や行わべからざる行為(禁忌)の設定が行われるようになりました。


五芒星
五芒星
五芒星は陰陽五行説の象徴とも呼ぶべき存在であり、陰陽五行説に基づいて描かれている。
まず円を描くように相生順に火水木金土を配置する。そして配置された火水木金土のうち相剋関係にあるものを直線で結ぶと五芒星の形になる。
今でこそこれは星型の文様と見れますが、西洋文化が入ってくる前の日本にはこの形を星と見る視点はなかったと思われます。東洋では星は一般的に丸で表されます。
安部晴明が用いており、桔梗の花の形に似ているため晴明桔梗ともいわれます。また晴明の名からセーマンとも呼ばれます。



以上が解説となります

結界・桔梗
結界・桔梗2
4次スキルの結界・桔梗もついでに元ネタが上がってしまいましたね・・・

5星
また公式ではカンナ、ハヤトはそれぞれ5星の子ということになっており
カンナは火星、ハヤトは水星の力を持っていると書かれています

本来の五行のイメージとしては逆じゃね?って感じですね
まぁゲームなんでしかたないね

尚、適当に読んでもゲームプレイには支障はありませんのでご安心ください。



次は天狗さんでもやろうかな・・・

みそぎぞなつの しるしなりける

海?の鳥居
どうもビッチです

今回のメイプル民俗学講座は『穢れ』です
メイプルでは織田の兵士が穢れた霊魂石を落とし、浄化して使用してますね
簡単に関連用語など合わせてどうぞ


けがれ【穢れ】
けがれは普通「汚れる」とも書くように、本来清浄であるべきものが、汚れて不潔な状態になることを意味しています。
しかしこれは物理的な見た目の汚さではなく、例えば整った状態が崩れるとか、善いものが悪くなるという意味から、人間の生命力(気・気力、霊力とも)が弱まることと考えられます。これを指して『気涸れ』という字を当てはめることもあります。
つまり、清浄とは生命力が満ち溢れる状態を指し、それらが何らかの原因で衰退したり失われている状態が不浄(けがれ)とされます。
日本の民俗信仰ではケガレは死・出産・病気・出血などにかかわる事象が発生源とされていて、その結果として死、病気、天変地異などに結びつくとされます。ケガレに触れると、触れたものもケガレになると考えられました。ケガレは感染するということでしょう。
ケガレは生命力を害するものであるという観念が基本にあり、ケガレが取り除かれた状態を「ハレ(晴れ)」といいます。
全ての穢れ、凶事は黄泉国(よみのくに)から始まり、祓われて黄泉国に戻るとされます。


次はこの穢れを落とすための儀式など

みそぎ・はらい【禊・祓】
五十鈴川
死の穢れを神道では特に嫌います。伊弉諾尊と伊弉冉尊の話にも出てきますが、黄泉比良坂を駆け上がった伊弉諾尊が筑紫の日向の橘小戸の阿波岐原で死の国の汚穢にまみれた身体を清浄な状態に戻すため、海(河口という説も)で穢れを洗い流したのが禊のルーツとされます。
古来日本人はケガレ(不浄)を忌み嫌い、ハレ(清浄)を尊びました。そこでケガレを洗い清めてハレの状態になるために行うのが禊・祓の儀式です。
よく「禊祓い」などと一緒に言われることもありますが、実際には全く別のものを指します。禊とは身についたケガレを洗い流すことで、日常生活でも「水に流す」などという言葉で使われます。一方「祓い」は人形や幣などの形代に禍や罪、穢れを移してから焼いたり川に流して身を清め、ハレ(吉事)を招く儀式が起源となっています。
現在一般で行われている「雛祭り」の雛人形も、本体は成長途上の子供につく穢れを移して流す「祓い」の儀式に使われた「雛流し」の原型ですしあるいは節分の「鬼は外」で豆を撒く行事も「追難の鬼」という、節分までに留まった穢れを特定の人物(社会的弱者や身体障害者)に肩代わりさせ、追放する祓いの行事に起源を持っています。

黄泉国(よみのくに)
伊賦夜坂の千曳岩
人の死後、その魂が行くとされる場所。あの世、よもつくに。
幽世(かくりよ)、常世(とこよ)、根の国(ねのくに)、根堅州国(ねのかたすくに)と同一視されることもあります。

流し雛
流し雛
上巳の節句、三月三日に行われる風習。
紙などで人形(形代という)を作り、これに穢れを移して川や海へ流すことにより厄災を祓うとする。これにより実行者は災難や病気などから守られるといいます。
大祓詞でもあらゆる罪や穢れは流されることで失われるという内容になっており、そこに登場する速佐須良比売(はやさすらひめ)は海から根の国へと持ち込まれた穢れを引き受けてさすらう、祓いの最後の役割を担います。
何かに穢れを移し流しやるという点では、極めてオードソックスな祓であるといえます。

速佐須良比売(はやさすらひめ)
速佐須良比咩とも。
祓戸四神の一柱。
祓戸四神とは、祓を行う場所である祓戸に祭られる神で祓を司る四柱の神のことである。
祓の際使用される祝詞、大祓詞によれば、速佐須良比売は根の国、底の国におわし、他の祓戸四神が根の国に送り込んだ罪穢れを背負い、あてどなくさすらうことにより消滅させるという。
祓戸四神の中でも祓の最終段階を受け持ち、実際に穢れを消滅させる神である。
本居宣長の説によると、音の類似、在地の同一より大国主神の娘、須勢理比売(すせりひめ)と同一神であるという。この場合、大国主神の祖先に素戔嗚尊がいることを考えると速佐須良比売は素戔嗚尊の子孫ということになる。

スサノオの埴舟(はにぶね)
船通山山頂
高天原で数々の狼藉を働いたスサノオは穢れとして扱われ、土で作られた船に乗せられ葦原中国へと流される。地上に漂着してからのスサノオは一転し、まるで罪がそそがれたような英雄的性格になっている。

水蛭子(ひるこ)
古事記では伊弉諾尊と伊弉冉尊が国生みの際、伊弉冉尊から声をかけるという間違った作法で行ってしまったため、淡島(淡路島ではない)と共に生まれた未熟児。蛭のように手足が萎えていたという。葦船に乗せて海へ流された。
日本書紀では伊弉諾尊と伊弉冉尊が日神、月神を生んだ際、次に生まれた神。しかし3歳になっても手足が立たなかったためにやはり海へと流された。
この海へ流された=海からやってくるというイメージから、海神エビスと同一視されることもある。


まとめ
・穢れっていうのは物理的な汚れじゃないよ
・禊は穢れを水で洗い清めること、祓は穢れを誰かに押し付けて遠くに追いやることだよ



以上っす
多分信玄さんやなんかは石を洗ってるんじゃないでしょうか(適当)



次は何とかカンナ関連でやりたいですね・・・
ネタはあるんで期待しててください



やっぱり期待しなくても良いです
ではまたいつかー

コミックマーケット82開催中

どうもお久しぶりですビッチです

ハヤトが実装されましたね・・・
150武器は村正
二世村正
これが貼りたかっただけですごめんなさい(・´з`・)


さぁ、ハヤトはどうでもいいので次にいきます
ハヤト実装時のムービーからネタを拾えました。やったね!


ムービー中のノブナガの発言から
ノブナガだけでは第六天魔王を呼ぶことはできないこと
第六天魔王を呼ぶためにはサクノ姫が必要

ということが読み取れました。

そして、このことからサクノ姫は憑坐(よりまし)としての巫女の役割、もしくは審神者(さにわ)として連れてこられたのではないかと思われます。
前者では魔王が降りるのはサクノ姫、後者ではノブナガとなりますね
ノブナガは公式で魔王の化身らしいので審神者は必要ないでしょう
となるとサクノ姫は巫女という結論が導き出せます!

こじつけが終わったので巫女の解説を始めます!+(0゚・∀・) + ワクテカ +


みこ【巫女】
小夜
現在の巫女さんは大きく分けて三種類いて、神職の助手として祈祷の時に鈴を振ったりお神酒を注いだりする人、御神楽を舞う人、神懸かって託宣をする人がいます。特に最後の役割は英語でシャーマンとも言い、精霊と言葉を交わしてその意思を人々に伝える役目をします。古くはこの三番目の分類に当たる人たちを「みこ」と称しました。
邪馬台国の卑弥呼もこのタイプであると考えられ、日巫女という名前からも分かるように太陽の巫女であることを表しています。
今日の巫女さんは主に三番目に由来しています。巫女には「かんなぎ」という読み方もありますが、その語意は神意を招請する意の「神招ぎ(かみまねぎ)」という語であるとか「神和」という語であるとも言われています。また「かんなぎ」は女性だけでなく男性もなっている例があり、その場合は男性は「おかんなぎ」女性を「めかんなぎ」といって区別していました。
「巫女」は「神子」とも書き、神職の仕事を補佐する役目を担っています。また神社での社務の中心的な存在になっています。
神社に奉職していますが、正式には神職ではなく、資格がなくてもなることができます。つまりアルバイトの巫女さんも立派な巫女です。

衣装など
衣装は白衣と緋袴。下着に当たる白い半襦袢と腰巻(裾除(すそよけ)とも呼ぶ)の上に白衣を着て、襟元は前も後ろもきっちりと隙無く詰めます。そして行灯袴というスカート状の袴をはいて、袴の紐を前で蝶結び(諸わな結びともいいます)に。正式にはさらに、純絹の薄い千早という舞衣を羽織ります。最近では西洋下着を身に着けることも多くなったようです。髪は長さが足りない場合、髢(かもじ)という付け毛をつけて、後ろの生え際から少し下を檀紙で包み、水引で縛ります。さらに絵元結という髪飾りを付ければ巫女さんのできあがり。
袴なので動きは比較的自由ですが、この姿での労働は結構大変で、余裕のある袖と脚にまとわりつく上手に捌いて動かなければならないため、立ち居振る舞いに自然と気配りするようになります。手を伸ばして物を取るにも、袂を片方の手で押さえながらでないと引っ掛けてしまいますからね。その結果として優美でおしとやかな動きになるんですね。
Mapleのミニスカ巫女服なる冒涜的な巫女服は私は決して認めません!

巫女さんの条件
某神社の宮司さんによると巫女さんの外見の条件は
①髪を染めていないこと
②前髪を下ろしていない(おでこは神様が降りるとされているので)
③色白であること

また既に奉職している巫女さんからの条件としては
①清潔な雰囲気の人
②明るく素直な人
③礼儀を身に着けていること
だそうです
それから、宗教に関係する仕事なので信仰心を持っていて欲しいとのことです。
もちろん茶髪、ピアスやマニキュアは厳禁です。
あとそれから巫女は未婚じゃなければいけないとか、処女でなければならない、という決まりは特に無いようです。これは神社によりますので知りたければ神社に問い合わせください。
※また神職の資格は國學院大学(東京)・皇学院大学(三重)の神道学科を卒業するか、短期講習と実技研修を受けて資格を取る、あるいは通信教育と短期間の実技研修で取得する方法があります。また神社に奉職しながら、所定の養成所に通うという手段もあります。資格を取るのに実家が神社である必要はありません。巫女さんと仕事がしたいそこのあなた、是非参考にしてください。さらに神道は仏教と違い妻帯可能です、深い意味はありません。



ほんと、巫女さんは、素晴らしいものですね・・・・
萌えのジャンルとしてはメジャーなのでしょうが、私のように熱狂的な人は少ないようで非常に寂しいですね(´・ω・`)
会社で先輩や同僚に「どんな衣装が好みなんだ」と聞かれ「巫女服だろjk」と答え「ないわー」と言われたこともあります(´・ω・`)
先輩は制服が好みのようです。

最後に巫女さんの写真を撮る時はちゃんと許可をもらってから撮りましょうね
巫女さん



それではよい巫女ライフを(´Д`)




おまけ

続きを読む

カウンター
プロフィール

熱きライダー

Author:熱きライダー
カンナのバグが全部直ったら
復帰します

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。